山梨通運株式会社ホームページ
山梨通運株式会社
TOP ご挨拶 会社概要 業務内容 リンク 事故報告
トラック輸送 倉庫業 引越し 宅配業 保険代理業 フミンコート 農業

業務内容 ■フミンコーティング

フミンコーティング
フミンコーティングは、ガラス面に赤外線・紫外線を吸収し、侵入をカットする塗膜を形成する塗装工法です。
暑い夏場は、外からの赤外線(太陽熱)を吸収・カットするため室温の上昇を抑え
冬は室内の熱が逃げにくいため暖かく、結露も制御するという優れた特性を持っています。
●フミンコーティング剤の特徴
  1. 一般硝子にコーティングし、窓ガラスに金属膜を形成。
  2. 近赤外線を±50%カットすることで、夏季の部屋の温度を2~3℃下げ冷房効率を、冬季は室内の熱損失を抑えることで暖房効率をそれぞれ高め、年間通しての省エネ効果を発揮。また結露の抑制にも効果あり。
  3. 屋外暴露試験で±10年相当以上の耐久性を実証
  4. コーティング後の掃除も簡単OK、鉛筆芯硬度±7Hの硬度あり。
  5. 可視光透過率80%以上の薄いグリーンの金属膜で室内が暗くならない。
  6. 網入り・ブロンズ硝子にもOK。熱割れの危険なし。
  7. 紫外線を±95%カットすることにより、紫外線に反応して集まる昆虫類などの虫除け対策や家具や内装などの紫外線焼けや劣化を防止。
●取得熱量比較表(呼び厚さ6mm・単位kcal)
 
AM 6~10

AM 10~PM2
西
PM 2~6
遮蔽係数
フロートガラス 509 181 530 0.95
ブロンズガラス(熱吸収) 440 161 462 0.83
スカイレックス(熱反射) 406 139 426 0.76
コーティングガラス 428 157 450 0.76
★ JIS新規格より860kcal=1kw
★ 遮蔽係数…日本板ガラス資料より
★ 南東は東面、南西は西面と同等の取得熱量です
●夏季における冷房効率
測定地 : 鹿児島県 (福祉施設)
床面積 : 583㎡
施工日 : 2008年6月15日
測定期間 : 3ヶ月(7~9月)
比較対象: 2007年7月・8月・9月 使用電力量(施設全体)
  2007年7月 2007年8月 2007年9月
電気使用量/kwh 7554 8004 7002
  2008年7月 2008年8月 2008年9月
電気使用量/kwh 7076 6885 5976
対前年比 93% 86% 85%

※ 削減効果については、床面積・窓面積・空調機能力などにより変化いたします。
●冬季における暖房効率
山梨通運塩山物流センター事務所での暖房効率を較べた結果、電気使用量が15.3%削減されました。詳しくはこちらをご覧下さい。冬季の暖房効率
●施工事例
平成21年11月6日 山梨市内 一般住宅リビング
施行日の午前9時頃に確認できた結露は施行翌日以降、湿気による軽度の曇りは出るも結露による水滴は発生せず フミンコーティング施工事例1
フミンコーティング施工事例2
印刷用のページはこちら


ご意見・お問い合わせはこちらへ
info@yamanashitsuun.com山梨通運バナー